M’s Lab 天童研究室からお知らせ

TENDO Mutsuko’s Profile, research and publications

Tendo Mutsuko, Ph.D.  Family name: Tendo, First name: Mutsuko
Professor, Miyagi Gakuin Women’s University, (Sendai, Miyagi, Japan)
International Society for Gender Studies (Japan), Member of the board, Former president of ISGS
e-mail: tendo@mgu.ac.jp
Mutsuko Tendo, Ph.D., is Professor of General Education at Miyagi Gakuin Women’s University, Japan since 2015.
Her research interests include Sociology of Education and Gender Studies, with particular interest in family and childcare. She was president of the International Society for Gender Studies in Japan: 2013-14. Since 2010, she had also served as a member of the board of the Japan Society of Educational Sociology (JSES), and since 2017, member of Science Council of Japan.

TENDO Mutsuko, Ph.D. Professor

Experience

Associate Professor, Meijo University (Nagoya, Japan) 2003-2009
Professor, Meijo University 2009-2015
Professor, Miyagi Gakuin Women’s University 2015-Present
Subjects: Women’s Rights, Gender Studies, Sociology of Education
Lecture at Kyoto University, school of education, intensive course, Historical Sociology Ⅱ 2017
Lecture at Waseda University, Theory of Childhood, since 2003-Present

Education

M.A. in Sociology, 1995-Tokyo Woman’s Christian University(Japan)
Ph.D. in Education, 2001- Waseda University(Japan)

Recent Books and Papers

Crisis in Education, modern trends and issues, P. Calogiannakis, K. G. Karras, C. Wolhunter, T-H. Chiang, M. Tendo eds. HM Studies and Publishing. 2014(Translated in 2017)
Sociology of Childcare Discourse: Family, Gender, Reproduction, (in Japanese) M. Tendo ed. Sekai Shisosha, 2016
The dynamics of Gender Position and disposition: comparative Study in Two Industrialized Nations, Japan and Norway, Meijo Asia Research Journal, Vol.5, No.1, pp.13-23, Tendo, M et al., 2014
Trends and Issues on Discourse Research in Sociology of Education, Journal of Educational Sociology (JSES),(in Japanese)No.101, pp.153-183, Takahashi, H. & Tendo, M.., 2017

International Presentation

Key Note Speech: Family Transformation and Women in East Asia: Gender, Low Fertility and Citizenship, Tendo, M., Taiwan Association for Sociology of Education, Developing a Learning Environment for Civic Society, at National Tainan University, 2012
Persistent Invisible Inequality in Education: Sociology of Education and Gender Studies in Japan, Tendo, M. International Sociological Association (ISA)18th World Congress of Sociology, Yokohama, 2014
Key Note Speech: Knowledge Transmission and Human Development: beyond crisis in education from a global perspective, ISA Midterm conference、TASE the 22nd Taiwan Forum on Sociology of Education, at National Chung Cheng University, Taiwan, 2016

天童教授プロフィール

天童 睦子 てんどう むつこ Tendo Mutsuko

宮城学院女子大学 一般教育部 教授
仙台市青葉区桜ケ丘9-1-1 宮城学院女子大学(女性学,キャリア論)

仙台生まれ
東京女子大学大学院文学研究科修士課程(社会学専攻)修了。
早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。
専門 女性学,ジェンダー論,教育社会学,キャリア形成論
現在 国際ジェンダー学会理事,日本教育社会学会理事,日本学術会議 連携会員

主な著書として『育児言説の社会学―家族・ジェンダー・再生産』(編著2016年 世界思想社)、『よくわかるジェンダー・スタディーズ』(共著 2013年 ミネルヴァ書房)、『新編 日本のフェミニズム8 ジェンダーと教育』(共著 2009年 岩波書店)、『知識伝達の構造―教育社会学の展開』(編著2008年 世界思想社)、『都市環境と子育て―少子化・ジェンダー・シティズンシップ』(共著 2003年 勁草書房)

主な業績

著書

天童睦子著『女性・人権・生きること―過去を知り 未来をひらく』学文社 2017
『育児言説の社会学―家族・ジェンダー・再生産』(天童睦子編著)世界思想社,2016
Crisis in Education, modern trends and issues, P. Calogiannakis, K. G. Karras, C. Wolhunter, T-H. Chiang, M. Tendo eds. HM Studies and Publishing. 2014
『よくわかるジェンダー・スタディーズ』(木村涼子ほか編,共著)ミネルヴァ書房, 2013
『新版 教育社会学を学ぶ人のために』(石戸教嗣編 共著)世界思想社,2013
『青少年・若者の自立支援-ユースワークによる学校・地域の再生』(柴野昌山編 共著)世界思想社,2009
『ジェンダーと教育』(新編 日本のフェミニズム8)(天野正子ほか編)岩波書店,2009
『親子関係のゆくえ』(東京女子大学女性学研究所ほか編 共著)勁草書房,2004
『育児戦略の社会学』(天童睦子編著)世界思想社,2004

翻訳書

天童睦子監訳『教育の危機―現代の教育問題をグローバルに問い直す』東洋館出版社 2017
『教育社会学-現代教育のシステム分析』J. Ballantine, F. Hammack著,牧野暢男・天童睦子(監訳)東洋館出版社, 2011

主な論文

「女性・子どもの文化論序説―ジェンダーと地域芸能の視点から」宮城学院女子大学『キリスト教文化研究所研究年報』第51号,(松本晴子との共著)2018
「教育社会学における言説研究の動向と課題―権力・統治・教育言説」『教育社会学研究』第101集,(髙橋均との共著)2017
「知識伝達とジェンダー研究の現代的課題―フェミニズム知識理論の展開をふまえて」宮城学院女子大学研究論文集 121号,2015
「育児戦略と見えない統制-育児メディアの変遷から」『家族社会学研究』第25巻1号,2013
「教育社会学におけるジェンダー研究の展開―フェミニズム・教育・ポストモダン」『教育社会学研究』第93集(多賀太との共著),2013
「M.ヤングの知識論再考―「新しい」教育社会学から「知識を取り戻す」へ」『名城大学人文紀要』第99集 第47巻3号(共著), 2012
Socio-economic Determinants Affecting the Demand for children: the Pervasive Sense of Crisis in Japan, Meijo Asia Research Journal, vol.1, pp.77-83, Tendo, M et al., 2010.
「知識・女性・開発―今日的識字の意味と課題」日中教育研究交流会議『研究年報』 第18・19合併号, 2009
「バーンスティンの権力・統制論再考」『教育社会学研究』第67集,2000


天童睦子の著作紹介

book_small

クリックで拡大

天童睦子監訳『教育の危機―現代の教育問題をグローバルに問い直す』東洋館出版社 2017


book_small
クリックで拡大

天童睦子著『女性・人権・生きること―過去を知り 未来をひらく』学文社 2017 「女性と人権」を初めて学ぶ人のための入門書。 歴史的・国際的な視野から、広く、やさしく、女性の生き方、ジェンダー問題を考えていきます。女性の生き方が問われる今、これから社会に出ていく若い世代に、母と娘の現代版人生読本として、「女性問題」の生涯学習の手引きとして、ジェンダーが苦手という人にも読んでもらいたい一冊です。